新選組と水戸天狗党

2009年05月04日
新選組と水戸天狗党が関係しているそうです。
関係といっても、友好関係ではありません。

水戸天狗党の討伐軍出陣の前日に、新選組が禁裏守護職総督軍の偵察隊として、出動していたという事です。
大津の勢田(瀬田?)まで出動していたそうです。


これは私が所属している、新選組同人会(研究会)の先生が、同人誌で発表されています。
まだ発表途中で、以下は次号なのです。

福井の【また聞き】で、武田耕雲斎関係を書きましたが、“水戸天狗党だし…”と思っていたのは間違いですね。
水戸天狗党と新選組が直接、どこかで戦ったという事はなくても、水戸天狗党の為に出動していたとなると、福井のこれらの史跡も行って見なくてはいけませんね。

北陸方面に行く事があれば、是非とも寄ってみます。


歴史の足跡をたどる日本遺構の旅―なるほど知図BOOK (まっぷる選書 5)歴史の足跡をたどる日本遺構の旅―なるほど知図BOOK (まっぷる選書 5)
(2007/09/06)
なるほど知図帳日本編集部

商品詳細を見る


折りたたみ傘 二人用折りたたみ傘 二人用
(2007/11/26)
不明

商品詳細を見る

草津高札場

2008年12月01日
草津高札場(滋賀県草津市草津1丁目)がありました。
高札1  高札2
高札場の規模は、石垣高さ2尺6寸、その上に高札を掛けるところがあり、高さ1丈3尺・長さ1丈5尺・横5尺5寸と記されています。
6~7枚の高札が掛けられたということです。
草津商工会議所より


旧中山道と旧草津川の交差する付近にあります。
JR琵琶湖線草津駅から草津本陣に向かう途中です。

草津に住む人が、「旧草津川は天井川で珍しい。」と聞いていました。
「天井川?」って?
というのに、「川の方が道路より上にある」と教えてくれました。
言葉では理解していましたが、このイメージでいいの?という状態だったのですが、実際に旧草津川を見てはっきりとわかりました。

確かに川があり、その下がトンネルになって、旧中山道が通っていました。
ん~、普通に道路を歩いていて、トンネルがあるので潜ると、その上が川だったという状況です。
すごく奇妙で、川底がどうなっているのか、すごく不思議です。
全国各地に少なからずあるようですね。

多くの人の目に付くには、街道沿いでさらに本陣・脇本陣などがある宿場に高札場があるのは、とても納得できますね。
新選組も、この草津宿を通るとき、ここで高札を目にしたのかもしれません。

ふと思ったのですが、新選組を脱走した山南敬助は大津で沖田総司に捕まったので、この草津まで来ることが出来なかったのですね。
大津と草津間は、電車に乗るとあっというまですが、徒歩だと遠いのですね。

草津本陣

2008年11月30日
草津本陣(滋賀県草津市草津1丁目2-8)には、土方歳三の他、浅野内匠頭、吉良上野介、シーボルト、そして皇女和宮も利用しています。
草津本陣3

草津本陣1  草津本陣2

草津本陣4
土方歳三、斉藤一、伊東甲子太郎、藤堂平助の名前があります。

草津本陣6
       畳廊下
草津本陣5
       広間

草津本陣7
    厩 だったかな?

草津は東海道五十三次の一つで、中山道の分岐点でもあり、本陣、脇本陣が各二軒設けられていました。
現在は田中家本陣のみ現存しています。

総敷地1,305坪、建坪468坪です。

本陣宿帳には、慶応元年5月9日の条に、
「同土山立 一、新選組 土方歳三様 斉藤一様 伊東甲子太郎様 藤堂平助様 右上下三十二人、二百五十文宛御払 外二十四文蝋燭二十丁扣」の記載があります。
土方歳三や伊東甲子太郎らが江戸で新入隊士を募集し、53名の入隊者を引き連れて京へ帰る途中に一泊したことがわかります。
新選組大事典より


JR琵琶湖線草津駅から旧中山道に出ます、南へ歩きます。旧草津川も越えて(川の下を潜る)行くと、草津本陣があります。
旧中山道に出ると、まっすぐ一本道です。

草津本陣は綺麗でした!
もちろん国の史跡に指定されるほど、歴史はありますが、あまりに綺麗だったので驚きました。
ここに土方歳三や斉藤一、藤堂平助の初期メンバーから、伊東甲子太郎の新規メンバーも泊まっているのです。
ここで寝っ転がって、寝立ていたのです。
でも今、私が踏みしめている畳は、当時のものでは到底ありませんね。
しかし、ここの柱は触ったかもしれません。

宿帳も見ることができました。
ただし、名前の下に“様”があるという事は、本人の字ではなく、宿の人が書いたものでしょうか。
本当に泊まっていたのですね。
あの宿帳が欲しいな…なんて、思いながら、穴が開くほど見つめてしまいました。

私が訪れたのは、平日だったので、他に来られている人もなくて、ゆっくりと見ることができました。
JR大阪駅からだと、新快速に乗ってしまうと思った以上に早く着きました。


中山道の歩き方 近江路をゆく―柏原宿~三条大橋 (歴史街道トラベルガイド―中山道の歩き方)中山道の歩き方 近江路をゆく―柏原宿~三条大橋 (歴史街道トラベルガイド―中山道の歩き方)
(2001/04)
児玉 幸多

商品詳細を見る



中山道 草津宿
 | HOME |