スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川口居留地跡

2016年05月27日
川口居留地跡は大阪市立本田小学校(大阪府大阪市西区川口1丁目5番19号)の横にあります。

川口居留地3  川口居留地2

旧川口居留地は、1868年大阪開港と同時に、大阪市西区川口付近に設けられた外国人居留地があったエリア。

江戸時代末期の安政五カ国条約(1858年)によって大坂は、函館・新潟・東京・横浜・神戸・長崎と共に開港または開市(外国人に商取引を認めること)されることが決定されていました。
時の政府はその時期を引き伸ばし続けてきたがついに1868年、東京・神戸・新潟とともに大阪が開市・開港されました。
開市は慶応3年12月、開港は慶応4年7月のことでした。
開港と同時に外国人居留地と定められた川口町26区画の諸外国への競売が行われ完売し、直ちに街路樹や街灯、洋館が並ぶ西洋の街へと整備されました。
居留地に接する本田、富島、古川、梅本町も外国人雑居地となりました、

川口が貿易港として継続的発展をなしえなかったのは、安治川河口から約6km上流に位置する河川港であるため水深が浅く、大型船舶が入港出来なかったことによる。
そのため、外国人貿易商は良港を有する神戸外国人居留地へと移住していきました。
彼らに代わってキリスト教各派の宣教師が定住して教会堂を建てて布教を行い、その一環として病院、学校を設立し経営を行いました。
平安女学院、プール学院、大阪女学院、桃山学院、立教学院、大阪信愛女学院といったミッションスクールや聖バルナバ病院等はこの地で創設されました。
それら施設も高度な社会基盤が整備されるに従い、大阪の上町エリア(天王寺区・阿倍野区など)へ次々と移転して川口は衰退への道をたどることになりました。
対照的に大型外国船が集まるようになった神戸港は、1890年代には東洋最大の港へと拡大していきます。

日本聖公会大阪主教座聖堂川口基督教会は1995年の阪神淡路大震災により塔などが崩壊し、その後に多くの寄付を受けて復旧されました。
Wikipediaより


用事で近くに行ったときに、偶然見つけました。
何やら碑があるぞっ!と、近づいてみると川口居留地跡の文字があり、説明の出だしが慶応4年です。
慶応4年はギリギリ幕末?!

学校の横に碑はありましたが、周りは倉庫や会社が多く、学校があるのが不思議なくらいに思いました。
しかし多くの有名学校がここから始まっているのですね。
当時は多くの外国人の方もいて、賑やかだったのが想像できます。

居留地としては大型船が入ってこれず衰退したようですが、江戸期は各藩の蔵屋敷が多くあった場所ですから、国内程度の船なら十分だったということなんでしょう。











スポンサーサイト

造幣局 旧幕府材木置場跡

2010年04月14日
今年も造幣局(大阪府大阪市北区天満1-1-79)の桜の通り抜けが始まりました。

この造幣局は旧幕府の材木置場でした。
明治元年に、統一貨幣を造る必要があり、造幣局の建設工事が始まりました。

維新の時、大久保利通らが大阪遷都を叫んでいたので、造幣局は大阪に計画れ、そのまま建設されました。
その為、現在でも造幣局の本局は大阪です。

明治4年2月15日に造幣局は開かれました。
その頃、造幣局周囲は殺風景だった為、対岸の桜の名所桜の宮に対抗して構内に桜を植えました。
このときに植えた桜が見ごろになり、明治16年4月、造幣局長だった遠藤謹助が“局員だけの花見はもったいない、市民とともに楽しもう”と桜の時期に構内を開放することを提案しました。


<遠藤謹助>
長州藩出身。
井上馨・伊藤博文らとともに、イギリスに派遣された秘密留学生の一人でした。
そこで造幣技術を学び、明治になって日本にもたらしました。
明治14年11月から26年6月まで造幣局長を務めました。

退任3ヶ月後の9月13日、神戸において58歳で没しました。

造幣局の庭の一角に遠藤肖像のレリーフをはめ込んだ記念碑が建立されています。
幕末歴史散歩 京阪神篇より


今年も大阪造幣局の桜の通り抜けが始まりました。
(4月20日まで。一方通行です。)
今年は通り抜けが始まって、127周年だそうです。
ちなみに今年の花は“都錦”で、京都御所で咲いていた桜だそうです。

関西人にはお馴染みの桜の通り抜けが、幕末と関係しているとは知りませんでした。
長州人の方のおかげで桜の通り抜けができるのですね。
さらにいえば、薩摩の大久保さん達が、大阪遷都をいわなければ造幣局はなかったかもしれません。
ん~、大久保利通に感謝?

今まで何度も通りぬけに行っています。
レリーフも見ました、でもそれが、関係あるなんて思っていなかったので、横目に通り過ぎていました。
あぁ~!!なんてこった!
今年は行けるかどうかわかりません。
もし、行くチャンスがあれば写真を撮らなくては!!

造幣局の桜は珍しい桜ばかりです。
ソメイヨシノとはまた違う桜を楽しんでください。
緑色の桜や、緑から桜色に変わる桜、毬のような桜などなど見たこともないような桜ばかりです。
一見の価値はあると思います。
“通り抜け”というだけあって、立ち止まり禁止です。
もちろんシートを広げてなんて出来ません(笑)



オーナー曰く、「めっちゃ~うまい」炭火焼肉たむらのお肉が入ったカレー【1人前 200g】



あの有名店のカレーは39%がお肉!食べ応え抜群!!! 炭火焼肉たむら 炭火焼肉たむらのお肉...





炭火焼肉たむらのお肉が入ったカレー(中辛) 6個入り
3,000円



大坂城

2010年04月05日
大坂城(大阪府大阪市中央区大坂城)と桜です。

大阪城&桜

徳川慶喜、会津藩主松平容保、桑名藩主松平定敬は京橋口より、城を脱出しました。

新選組がはじめて登城したのは、慶応4年1月7日でした。
第一の目的は、鳥羽・伏見の戦いでの負傷者の治療でした。
6日の夜、旧幕軍の総大将 徳川慶喜は松平容保らとともに城を出て、天保山沖の船にいました。
新選組も旧幕軍として、負傷者以外は深夜、隊士たちは城から退去しました。


<大坂城>
摂津国東成郡大坂(現在の大阪府大阪市中央区の大阪城公園)にあった安土桃山時代から江戸時代の城。
別称は金城あるいは錦城。

姫路城、熊本城と共に日本三名城の一つに数えられています。
現在は、昭和初期に復興された天守と櫓や門などが現存し、城跡は、国の特別史跡に指定されています。

天正11年、安土桃山時代に石山本願寺の跡地である上町台地に、豊臣秀吉が築城を開始しました。

完成に1年半を要した本丸は、石山本願寺跡の台地端を造成し、石垣を積んで築かれたもので、巧妙な防衛機能が施されました。
秀吉が死去するまでに二の丸、三の丸、総構えが建設され、三重の堀と運河によって囲むなどの防衛設備が施されました。
天守は、絵画史料では外観5層で、外壁などに金箔をふんだんに用いた華麗な姿で描かれている例が多く、それに則した復元案が出されています。
大坂城の普請中に秀吉を訪問し、大坂城内を案内された大友宗麟は、大坂城を三国無双と称えた。

築城者である秀吉自身は、京都に聚楽第、伏見城を次々に建造し、大坂城よりもそれらに居城していました。
慶長4年、秀吉の死後、秀吉の遺児豊臣秀頼が伏見城から、完成した大坂城本丸へ移り、また政権を実質的に掌握した五大老の徳川家康も大坂城西の丸に入って政務を執りました。


現在、城内には、大手門、焔硝蔵、多聞櫓、千貫櫓、乾櫓、一番櫓、六番櫓、金蔵、金明水井戸屋形などの建物遺構が残っていて、国の重要文化財に指定されています。また、桜門の高麗門については、明治20年に日本陸軍大阪鎮台によって再建されたものですが、国の重要文化財に指定されています。

また、現存する石垣も多くが当時の遺構です。
江戸時代の大坂城は、徳川幕府の天下普請によって再築されました。石垣石は瀬戸内海の島々(小豆島・犬島・北木島など)や兵庫県の六甲山系(遺跡名:徳川大坂城東六甲採石場)の石切丁場から採石さました。また遠くは福岡県行橋市沓尾からも採石されました。 石垣石には、大名の所有権を明示するためや作業目的など多様な目的で刻印が打刻されています。

徳川氏は大坂城を再建するにあたり、豊臣大坂城の跡を破却して盛り土した上に、縄張を変更して築城したため、現在大坂城址で見ることができる遺構や二重の堀、石垣は、みな江戸時代の徳川大坂城のものです。
大坂の陣で埋め立てられた惣堀を含む豊臣大坂城の遺構は、大阪城公園や周辺のビルや道路の地下に埋没したままで、発掘も部分的にしか行なわれていません。
新選組大辞典&Wikipediaより


土曜日に大坂城公園へお花見&散歩に行ってきました。
大阪は今が満開です。

鳥羽・伏見の戦いに敗れ大阪に敗走した新選組は桜の季節ではなかったので、この桜を見る事はなかったでしょう。
でも、出張で大阪に来て、桜を目にすることはあったかもしれません。
新選組の各隊士が故郷で見ていた桜はどんな桜だったのでしょう。

桜を見ると春だなぁ~と思います。
春爛漫…何もかも(景気や政治)が、落ち着いていたらもっともっと、心から春を満喫できたかもしれません。
ある意味幕末と同じくらい動乱の世の中なのかもしれませんね。



送料無料!信長・秀吉・家康 天下取り酒のみくらべ3本セット 純米吟醸 500ml×3本 飲み比べギ...




天保山台場の大砲

2010年03月18日
2008年9月23~24日のブログに書いた天保山にあった大砲が今も残っているそうです。

その場所は大坂城(大阪府大阪市中央区大坂城1-1)天守閣の大門脇です。

大坂城1229

幕府の命を受けた美作津山藩が、文久3年に鋳造した大砲です。
明治のはじめに大坂城内に移され、明治3年からは1日3回、7年からは正午に時刻を知らせる空砲が打たれていたそうです。
大正の終わり頃に廃止されました。
幕末歴史散歩 京阪神篇


大坂城に幕末の天保山にあった大砲が残っているなんて!
大坂城の周囲の公園になっている場所なら何十回と行っています。
入場料を払う大坂城内にも何度か入っています。

そういえば…、大砲があった記憶があります。
でも幕末と関係があっただなんて…。
大阪市周辺に住む者としては、大坂城=豊臣秀吉で、大坂城=徳川慶喜=幕末は幕末ファンでもすぐにピンっときません。
大砲ですから、幕末を思い浮かべてもいいものを、そこまで思いが及びませんでした。

多分、そのうちにまた天守閣に登る事もあるでしょうから、その時はちゃんと見たいと思います。

近くにある場所は、なかなか料金を払ってまで入ろうと思いませんね。
私がケチなだけでしょうか?



●2010年新玉ねぎ入り!●【☆キレイな奥様御用達☆ブランド野菜セット】淡路島玉ねぎ&鳴門金時...





泉だこ たこコロッケ(60g×5)
100%大阪湾産 泉たこ使用のたこ入り冷凍コロッケです。
600円

善照寺は専称寺?

2010年03月01日
これから行きたい史跡です。

神戸海軍操練所の建設が決まり、勝海舟が神戸海軍所造艦所取建掛けとなった前後、海舟のもとに多くの若者たちが集まりました。
海舟は門下生たちを大坂の宿舎に住まわせました。

坂本龍馬も塾頭になっています。


その場所がお龍の回顧によると、“大阪市淡路町の“善照寺”なのですが、現在そのような名前のお寺はありません。
神戸に移転した“
専称寺”(兵庫県神戸市中央区南本町通4-5-6)と思われるそうです。
幕末歴史散歩 京阪神篇より


大阪市淡路町は、大阪市のビジネス街のあたりです。
淀屋橋と本町の中間地点で、3丁目は御堂筋に面しています。
専称寺はJR東海道本線・阪急電鉄・阪神電鉄・神戸市営地下鉄・ポートライナー各線の三宮駅から国道2号を東へ1㎞ほど歩き、葺合警察署前交差点を海側へ曲がります。
約100mで専称寺です。

大阪に現在、善照寺がないとしても、当時は存在し、坂本龍馬も居たかもしれないのですよね?
これは大阪市淡路町と兵庫県神戸市の専称寺と両方行かないとダメですね。
専称寺が神戸に移転前、どこにあったかがわかればOKって事です。

大阪市淡路町は、ビジネス街なので、土日などの会社が休みのときに行けば人も少なくていいですよ。
ビジネス街は休日に限ります(笑)



兵庫の名産いかなごの釘煮こだわり製法で炊き上げた自慢の一品です。新物!淡路産 いかなごの...




 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。