所郁太郎顕彰碑-高田公園

2008年12月13日
高田公園内の井上馨像の横に、所郁太郎顕彰碑(山口県山口市湯田温泉2-5)があります。
所太郎顕彰碑
所郁太郎は、美濃国不破郡赤坂町の矢橋亦一の二男です。
大野郡西方村の医師所伊織の養子となりました。
医術を加納藩医青木松軒に学びました。
京都の安藤桂洲、また大坂の緒方洪庵の適塾に入門しました。

文久3年京都河原町の長州藩邸の近くに開業し、長州藩士と親しみました。
同年、攘夷の詔が下るに及んで、医業をやめて長州に投じました。

下関の攘夷戦にも参加し、同年八月十八日、長州は失脚して七卿落ちとなりました。
藩医長野昌英の代理として七卿附医官、また久坂玄瑞や高杉晋作に協力しました。
翌元治元年7月、長州藩の東上に加わって蛤御門の変に参加しました。

同年9月25日夜、井上馨が山口政事堂から湯田村高田の自宅に帰る途中、俗論派の中井栄次郎、周布藤吉、児玉愛次郎に突然襲撃されて負傷したとき、たまたま山口に居たので、長野昌英、日野宗春両医師の援助で応急処置を施しました。

井上馨の傷を畳針で50余箇所も縫合したといわれています。

慶応元年2月に疫病に罹り、同年3月12日病没。
享年29歳。
贈従四位。
幕末維新人名事典より


畳針で50箇所………痛い……!
考えただけでも痛いです。
瀕死の重傷でも痛みは感じますよね。
命には代えられないですが………痛い。

井上馨にすれば、命の恩人です。
そういう所以で、井上馨像のそばに顕彰碑があるそうです。

今、改めて所郁太郎の経歴を見てみると、亡くなったのが29歳とは思えません。
これだけのことを29年間でよくやったなと思います。
(この顕彰碑には27歳で亡くなったとあります。)

公園内の他の碑やオブジェと比べると、簡素な碑でした。
井上馨像に隠れるようにありました。
実際は隠れているわけではなく、横にちゃんとあるのですが、像に目がいくので見落とされてしまうのではないかと思うのです。
実際私も、井上馨の何か、かと思っていました。


所郁太郎伝 (日本伝記叢書)所郁太郎伝 (日本伝記叢書)
(1991/04)
青山 松任

商品詳細を見る

何遠亭跡-高田公園

2008年12月13日
高田公園内にある何遠亭跡(山口県山口市湯田温泉2-5)です。
何遠亭3211
長州に逃れた七卿は三田尻から興隆寺へと移り、さらに湯田温泉の町に住みました。
このうち三条実美は井上馨邸の一隅に住み、そこを「何遠亭(かえんてい)」と名付けていました。
現在の高田公園です。

何遠亭と名付けたのは、常陸笠間藩の加藤桜老です。
桜老は文久3年に山口に下り、下金古曽に「詠帰塾」という私塾を開いた人です。
「何遠亭」は論語「いずくんぞ遠きことこれあらん」からとった言葉です。

三条実美は後に大宰府に移り、王政復古の際に京都へ戻り、岩倉具視とともに国政の中心になりました。

また他の七卿も近くに住んでいました。
東久世通禧と四条隆謌は湯田の龍泉寺に、三条西季知と壬生基修は草刈屋敷に滞在していました。
湯田温泉 観光ガイドブックより


※2008年7月10日の「七卿の碑-高田公園」もどうぞご覧下さい。

七卿落ちで、彼らが長州に下ったという事は知っていました。
しかし七卿に関してはそこまでで、長州のどこに辿り着いたのかは興味も持っていませんでした。
今回、井上馨生家跡を訪ねて、初めてここに来たのかと知りました。

そうですよね。
仮にも公家ですから、それなりの場所に行きますね。
井上聞多が萩生まれでなかったのも驚きましたが、七卿がここに居たのにも驚きました。

“落ちた”という響きで、もっと大変で苦労しているかと思っていました。
「何遠亭」という名前をつけるほどの優雅(?)な暮らしをしていようですね。
もちろん京に居たときほどの暮らしは無理でも、暮らしに困ることはなさそうです。
精神的には辛かったでしょうが…。


萩・津和野・山口―今日から土地の人 よくきたね、土塀の上から夏みかん (ブルーガイドニッポン)萩・津和野・山口―今日から土地の人 よくきたね、土塀の上から夏みかん (ブルーガイドニッポン)
(2002/10)
ブルーガイドニッポン編集部

商品詳細を見る

井上馨生家跡-高田公園

2008年12月13日
高田公園は井上馨生家跡(山口県山口市湯田温泉2-5)につくられました。
井上馨生家2  井上馨像2

井上馨像3209
高田公園内の井上馨像

井上馨の生家跡で、井上公園とも呼ばれています。
井上馨は、伊藤博文、山尾庸三、井上勝、遠藤謹助とあわせて、「長州ファイブ」と呼ばれています。
この5名は、文久3年5月、イギリスロンドンに大学へ留学したメンバーです。

井上馨は萩藩士井上光亨の次男に生まれ志道慎平の養子となりましたが、文久3年、井上家の家督を継いで井上姓に復しました。
明治3年、馨と改名。

藩主の側近に仕え、文久2年11月には尊攘志士たちと交わりました。
高杉晋作らと品川御殿山の英国公使館を焼討ちしました。

文久3年5月、藩許をえて伊藤俊輔(博文)ら4人とロンドンに渡航しましたが、半年後、長州が馬関攘夷を展開していることを知って、阻止するために伊藤と2人で、急遽帰国しました。
元治元年8月、四ヵ国連合艦隊との下関講和談判に通訳として加わりました。
その後、第一次征長軍を迎えて武備恭順論を主張、9月、湯田で俗論党壮士に襲われて瀕死の重傷を負いました。
元治2年1月、鴻城軍総督にかつがれて俗論党を倒しました。

慶応元年閏5月、桂小五郎と西郷隆盛との下関会談が流れたあと、桂を説いて坂本龍馬・中岡慎太郎との会談の席に就かせ、薩摩名義を利用し亀山社中を通じて、長州のために小銃、軍艦を購入することに取り決めました。
7月、伊藤俊輔と長崎へ出張し、小松帯刀の帰国に従って鹿児島にも赴きました。

英商グラバーから小銃7,300挺の購入に成功し、同時に亀山社中の上杉宗次郎の斡旋で蒸気船ユニオン号(薩名 桜島丸)の購入を決め、その運用は亀山社中が長薩のため貿易に使用するという桜島丸条約を結びました。
しかし、萩藩海軍局の抵抗をうけて紛糾、慶応2年、薩長上層部の話し合いで決着しました。

また慶応元年12月には、下関に下ってきた坂本龍馬と共に木戸孝允を説得、翌年1月、薩長盟約が成立しました。

幕長戦争では、芸州口参謀として幕軍を破り、9月、広沢真臣らと安芸の宮島で、勝海舟との間に休戦協定を結びました。

明治政府が成立すると、参与兼外国事務掛に取り立てられました。
以後、外務、内務、大蔵など各大臣を歴任、三井組と日本財閥の育成に力を貸しました。
静岡県興津の別荘で病没。享年81歳。
墓は東京都港区芝公園3丁目 金地院。
坂本龍馬大事典より


JR山口線湯田温泉駅から、湯田温泉中心街へ真っ直ぐに行った場所にあります。
距離にして約900mです。

湯田温泉には無料の足湯が5箇所ありました。
その1箇所がこの高田公園にあります。
史跡巡りをしながら、足湯にも浸かれるのです。
夕飯後、散歩がてら高田公園に行きました。
残念ながら、足湯は故障中で浸かれませんでした。(他の4箇所は堪能してきました。)

高田公園は広い公園です。
しかしその面積の半分ぐらいは、碑やオブジェで使われている感じでした。

1枚目の写真の碑が、井上家があったという碑です。
その対角線上の隅に、下段の井上馨像が建っていました。

井上馨についてはやはり、「竜馬におまかせ!」のイメージしかありません。
馨というより、聞多という方が好きですね。
「竜馬におまかせ!」なので、実際の人物の性格をどこまで取り入れられたのかはわからないのですが、すごく“やんちゃ”なイメージを持っています。

井上馨と桂小五郎と伊藤俊輔の3人の写真を見ると、似てませんか?
激似というのではないですが、長州顔というのでしょうか。
“すっきり”という雰囲気の顔ですよね。
出身藩によって、雰囲気が似てくるのかもしれませんね。
環境も影響してくるものなのですね。


長州ファイブ 1 (B’s LOG Comics)長州ファイブ 1 (B’s LOG Comics)
(2008/02/01)
ユキムラ五十嵐 匠

商品詳細を見る


長州ファイブ 2長州ファイブ 2
(2008/12/27)
ユキムラ五十嵐 匠

商品詳細を見る


長州ファイブ

ちょんまげビール&予定

2008年12月08日
長州路巡りは、今週いっぱいほど続く予定です。

その後、京、江戸など、新選組関係中心の史跡巡りに戻る予定です。

ちょんまげビール
   ちょんまげビール王冠           山口萩ビール 株式会社


山口萩ビール株式会社
ちょんまげビール

七卿遺跡之碑-高田公園

2008年07月10日
八月十八日の政変で長州に追われた、七名の七卿遺跡之碑が高田公園(山口県山口市湯田温泉2-5)にあります。
七卿落碑210
長州に逃れた七卿は三田尻から興隆寺へと移り、さらに湯田温泉に滞在したそうです。
湯田温泉観光ガイドブックより

高田公園は井上聞多(馨)の生家跡だそうです。
高田公園内の史跡などはまた改めて書きますが、今回は伝通院の沢宜嘉の墓に合わせて、碑の紹介をしておきます。
七卿碑1
上記のように真っ暗で、写真も真っ黒です。

七卿碑2  七卿碑4
碑の横にあった説明板です。
看板の字を写すために、分割して写真を撮ってみました。

この公園を訪れたのが、夜8時頃でした。
日もとっぷり暮れてしまっていました。
写真を撮っても何が写っているのかも判らないぐらいです。 (上記の写真)

公園はとても広く、いろいろな碑などがありました。
無料の足湯もあります。
残念ながら故障中でしたが、他にも数箇所足湯があるので、そこで堪能してきました。


維新の回天と長州藩―倒幕へ向けての激動の軌跡維新の回天と長州藩―倒幕へ向けての激動の軌跡
(2006/04)
相澤 邦衛

商品詳細を見る
 | HOME |