由良台場跡

2017年07月14日
由良台場跡(鳥取県北栄町由良宿1458-16 )です。

由良台場跡2  由良台場跡5

由良台場跡14  由良台場跡12

由良台場跡10  由良台場跡16


由良台場跡1  由良台場跡17

由良台場跡18

由良台場は江戸時代末の文久4年、外国船の打ち払いと海岸防衛のために建設されたフランス式砲台です。
鳥取藩で台場が築造されたのは、境(現、境港市)、淀江(現、米子市)、赤碕(現、琴浦町)、橋津(現、湯梨浜町)、浜坂(現、鳥取市)、賀露(現、鳥取市)、浦富(現、岩美町)であり、その中でここ由良台場は最初に建設されました。

文久3年、瀬戸村(北栄町瀬戸)の庄屋:武信家の養子であり高島秋帆に西洋砲術を学んだ武信潤太郎の総指揮のもと、建設が始まりました。
当時、財政に困窮していた鳥取藩からの出資金はなく、資金面は献金でまかなわれ、労働力には16歳~50歳の地元農民が動員されました。
土はかじ山(県運転免許試験場の跡地付近)と清水山(大栄中学校付近)、芝は干目野(県園芸試験場付近)より運び込んだと伝えられています。
完成された台場では、地域の農民で結成した農兵隊がその訓練に精を出したといわれています。

今でも当時の姿をほぼ保っているその構造は、積み上げた砂の上に粘土をふき、さらにそこに芝を植え付けたものです。
全景は長方形の角を落としたような六角形をしており、西洋の築城技術を用いて建設されました。
東西125m、南北83m、周囲40m、面積約1万2千平方メートルの台形で、南側の入口は一文字虎口状になっています。

当初、六尾(現、北栄町六尾)にある反射炉で鋳造された大砲7門が据えましたが、一度も実戦に使われることなくそのまま廃棄、改鋳されました。
それと同時に台場もその役目を失い、大正年間に当時の由良町に払い下げられました。
北栄町役場HPより


大砲を通り過ぎると、草が生えた土手のような場所がありました。
それに沿ってぐるっと回ると、台場跡の入り口に到着しました。

ガ~ン!
真っ黒!!
なんじゃこりゃ?!
ちょうど草焼きをした直後のようです。
一面真っ黒で、歩くと靴も真っ黒!

でもこんなことでへこたれてはいられません。
何時間もかけて来たのです。
まぁ、台場跡があることを知ったのはここについてからですから、ラッキーだったのですが…。

汚れを最小限にして土手を登りました。
でもこの台場は、今まで見た台場の中では抜群に遺構が残っています。
これほど台場の形状が分かる台場に行った事はありません。
その分、興奮もするのですが、いかんせん真っ黒で…。
ちょっと残念な気分でした。

海側に歩いていけば、台場から海が見えます。
やっぱり海防の為の台場です。

お台場といえば東京を思い出しますが、東京のお台場は特に台場跡を感じませんでした。
フジテレビの方が目に入りました。
でもここは歴史を感じましたね。
来てよかったです。










[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

戦国の忍び 司馬遼太郎・傑作短篇選 (PHP文庫) [ 司馬遼太郎 ]
価格:514円(税込、送料無料) (2017/7/14時点)




箱館奉行所珈琲

2011年05月31日
五稜郭に復元された、箱館奉行所オープンを記念して作られた、箱館奉行所珈琲です。

CIMG0069.jpg 

箱館にコーヒーが輸入された記述のある古い文献から、豆を推測して作ったそうです。
やや深めに焙煎した中びき豆は、苦味が強く、深いコクがあるのが特徴だそうです。

ネットでみてから気になっていました。
今回、購入!!

まだ飲んでいないので、味の感想は書けないのですが(笑)

近々、友人に物を譲ってもらう予定があり、そのお礼に1缶渡そうかと思い2缶買いましたが、“ん~”と実は迷いが出てます。
1缶は飲んで、1缶は保存用に…。
あ~、久々に新選組オタクの血が騒いでいます。
どうしようかな。

もう一度、函館に行きたくなりました。
行きた~い!!







【送料無料】箱館戦争銘々伝(下)

【送料無料】箱館戦争銘々伝(下)
価格:2,940円(税込、送料別)

大運寺-中島信行墓所

2011年02月28日
大運寺(神奈川県中郡大磯町大磯1004)には中島信行の墓があります。

大運寺1540  大運寺2541

JR東海道本線大磯駅から3分の所にあります。

中島信行
土佐藩士。
海援隊士。
通称は作太郎。
土佐国高岡郡新居村で藩士中島猪之助を父として生まれ、元治元年11月、中島与一郎、細木核太郎と脱藩をはかり、与一郎は国境で自害、信行と細木は周防三田尻へ亡命し、諸藩の尊攘派浪士たちに加わりました。
その後長崎へ至り、坂本龍馬の率いる海援隊に入って活動しました。

慶応3年瀬戸内海の備後鞆沖で、海援隊の伊呂波丸と紀州藩の明光丸が衝突する事件が起き、信行は長崎で紀州藩重役岩橋轍輔との交渉にあたり、償金七万両をとり決めました。

明治元年、新政府の徴士となり、外国官権判事・兵庫県判事・神奈川県令・元老院議官などを歴任、明治14年、自由党の設立にさいして副総裁となり、のちさらに衆議院議員・衆議院議員・貴族院議員、またイタリア駐在の特命全権公使などをつとめました。
幕末維新人名維新より

私が行った場所ではなく、新選組&幕末仲間が行っておしえてくれた場所です。
今後機会があれば行こうと思っています。

海援隊士で伊呂波丸事件の功労者となれば興味が出てきます。







なかなか…

2010年10月04日
いろいろと、幕末に関して書きたい事があるのですが、パソコンの前にまで到達できません。
パソコンの前に座ったと思ったら、呼ばれてしまいます。

龍馬伝の高杉晋作をみて、思うところも多々あるのですが…。
あのキャスティングはGoodだったのでは?

頑張って、合間をみてUPしていきます。

大内宿町並み展示館-大内本陣

2010年07月19日
復元・大内宿本陣(福島県南会津郡下郷町大内山本)です。
大内宿街並み展示館として公開されています。

大内宿本陣534

大内宿本陣跡に復元した宿駅時代の本陣。
当時の風習を伝える写真や生活用具が展示されているそうです。

会津鉄道湯野上温泉駅からタクシーで15分だそうです。
タクシーで15分は遠いですよね。








 | HOME | Next »