箱館奉行所珈琲

2011年05月31日
五稜郭に復元された、箱館奉行所オープンを記念して作られた、箱館奉行所珈琲です。

CIMG0069.jpg 

箱館にコーヒーが輸入された記述のある古い文献から、豆を推測して作ったそうです。
やや深めに焙煎した中びき豆は、苦味が強く、深いコクがあるのが特徴だそうです。

ネットでみてから気になっていました。
今回、購入!!

まだ飲んでいないので、味の感想は書けないのですが(笑)

近々、友人に物を譲ってもらう予定があり、そのお礼に1缶渡そうかと思い2缶買いましたが、“ん~”と実は迷いが出てます。
1缶は飲んで、1缶は保存用に…。
あ~、久々に新選組オタクの血が騒いでいます。
どうしようかな。

もう一度、函館に行きたくなりました。
行きた~い!!







【送料無料】箱館戦争銘々伝(下)

【送料無料】箱館戦争銘々伝(下)
価格:2,940円(税込、送料別)

大運寺-中島信行墓所

2011年02月28日
大運寺(神奈川県中郡大磯町大磯1004)には中島信行の墓があります。

大運寺1540  大運寺2541

JR東海道本線大磯駅から3分の所にあります。

中島信行
土佐藩士。
海援隊士。
通称は作太郎。
土佐国高岡郡新居村で藩士中島猪之助を父として生まれ、元治元年11月、中島与一郎、細木核太郎と脱藩をはかり、与一郎は国境で自害、信行と細木は周防三田尻へ亡命し、諸藩の尊攘派浪士たちに加わりました。
その後長崎へ至り、坂本龍馬の率いる海援隊に入って活動しました。

慶応3年瀬戸内海の備後鞆沖で、海援隊の伊呂波丸と紀州藩の明光丸が衝突する事件が起き、信行は長崎で紀州藩重役岩橋轍輔との交渉にあたり、償金七万両をとり決めました。

明治元年、新政府の徴士となり、外国官権判事・兵庫県判事・神奈川県令・元老院議官などを歴任、明治14年、自由党の設立にさいして副総裁となり、のちさらに衆議院議員・衆議院議員・貴族院議員、またイタリア駐在の特命全権公使などをつとめました。
幕末維新人名維新より

私が行った場所ではなく、新選組&幕末仲間が行っておしえてくれた場所です。
今後機会があれば行こうと思っています。

海援隊士で伊呂波丸事件の功労者となれば興味が出てきます。







なかなか…

2010年10月04日
いろいろと、幕末に関して書きたい事があるのですが、パソコンの前にまで到達できません。
パソコンの前に座ったと思ったら、呼ばれてしまいます。

龍馬伝の高杉晋作をみて、思うところも多々あるのですが…。
あのキャスティングはGoodだったのでは?

頑張って、合間をみてUPしていきます。

大内宿町並み展示館-大内本陣

2010年07月19日
復元・大内宿本陣(福島県南会津郡下郷町大内山本)です。
大内宿街並み展示館として公開されています。

大内宿本陣534

大内宿本陣跡に復元した宿駅時代の本陣。
当時の風習を伝える写真や生活用具が展示されているそうです。

会津鉄道湯野上温泉駅からタクシーで15分だそうです。
タクシーで15分は遠いですよね。








幕末風遊紀行・佐久間象山-綾鷹 広告

2010年06月13日
綾鷹広告幕末周遊紀行 第5回は佐久間象山でした。
2010年6月8日の日本経済新聞に掲載されていました。

佐久間象山のいい所を紹介しています。
広告ですから悪い所を紹介するはずはないですね。

朱子学と数学を修め、漢詩と和歌をよ詠み、30歳を過ぎてからオランダ語を勉強し、西洋の軍学にも通じていました。
しかも、学んだ事を実践してみないと気がすまない性格で、
気泡の入っていないガラス
飛距離の長い洋式の大砲
電気治療器
カメラ
など、たくさんのものを自作しました。

豚も育て、農学や鉱石の知識から、痩せている土地の村に助言もしています。

でも、自信家で傲岸不遜だったらしです。

勝海舟は妹を象山に嫁がせていますが、象山より25歳よりも若く、象山の家は妻妾同居でした。
しかし、女性陣からは抗議はなかったようです。

吉田松陰かに外国船への密航をそそのかしたとして、9年間蟄居生活を余儀なくされました。
しかし、象山は落ち込むこともなく、友人に盛んに手紙を送ったり、西洋医学の知識を駆使し、病人に薬を処方したり、こっそり訪ねてきた人たちと日本の未来について語り合ったりしています。

元治元年、川上彦斎らによって京都で暗殺されました。


佐久間象山といえば、どうしても新選組にいた息子・三浦啓之助を思い出します。
新選組ファンとしては仕方がないかな。
 
本当にこれだけのことをやった人間なのに、あまり幕末の英雄としては出てきません。
故郷の信州松代では人気があるのでしょうが。
佐久間象山が主人公のドラマや映画ってあるのでしょうか?

傲岸不遜ってところがちょっと主人公にしにくいでしょうか。
しかし違う方向から見てみると面白い人かもしれませんね。







 | HOME | Next »